映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマで見たことがある素敵な喪服は

映画・ドラマで見たことがある素敵な喪服は、胸元にコサージュのついた女性用の喪服でした。

スカートは膝丈で、長すぎず短すぎずといった絶妙な長さでした。
そして、コートは可愛らしいデザインで、丈が短めでした。
喪服というものにそれまでこだわっていませんでしたが、大切な日だからこそ、素敵な一着を着るべきなのではないかと、その素敵な喪服を見て思うようになりました。

また、他の映画で見た喪服は、袖の部分がシースルーになっており、上品さもありますが女性らしさもしっかりと出ていて、とても素敵なデザインでした。
一着素敵な喪服を持っていると便利だと思い、私も袖がシースルーになっているワンピースを購入しました。
胸元でベルトをしめるタイプで、スタイルもよく見えます。
素敵な喪服を着ることは、葬儀の品質をあげることにつながると感じました。
大切な人との別れの日だからこそ、これからも映画やドラマをチェックして素敵な喪服を探していきたいです。

私が素敵だと感じた喪服は「アナと雪の女王」で

私が素敵だと感じた喪服は「アナと雪の女王」で、主人公のアナが着ていた喪服です。
黒いドレスで、頭にはカチューシャのようなものをつけていた記憶があります。とても日本では着られないような喪服ですが、外国らしいというかすごく可愛かったです。

喪服の場面なので、悲しい場面なのですが、アナの喪服には目を惹かれてしまいました。
日本の喪服は、いかに目立たなくするかということに配慮して着る正装だと思うのですが、海外だとカチューシャをつけたり、レースの黒い手袋をしたり、とても個性的だと思います。どんな場面でも、自分の個性を大事にする外国の方ならではなんじゃないかと思います。
先日、私の祖父のお通夜、お葬式に参列したのですが、母親とストッキングの色の濃さでもめてしまいました。
本来、肌が透けているような素材でなくてはいけなかったようで、私の履いていたものが若干濃かったんです。
変えなさいと言われて、大変な思いをしました。
祖父を慕っていたし、送りたいという気持ちは強かったのですが、式に行く前にこんなことで口論になってしまい「なんだかなぁ…」という気持ちになってしまいました。

Copyright 2017 映画・ドラマでみたことある素敵な喪服 All Rights Reserved.