映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

ずっと前から映画で観て、素敵な喪服だと常々思っていた白の喪服

ずっと前から映画で観て、素敵な喪服だと常々思っていた白の喪服。
白い喪服の映画はいくつかあって、映画の題名を忘れてしまって分からないのですが、どの映画も古き良き時代の日本が設定になっている映画です。

お殿様が存在するような、古い時代背景の映画での素敵な喪服も、男女共に白だったからです。
私が映画やドラマで見た素敵だと思っている白の喪服には、ちゃんとした意味があるそうです。
調べてみると「ニ夫は交えず」の意味があるそうです。
亡くなった夫に対する愛情が溢れた喪服姿の妻の姿は、美しいと思いました。

白い喪服を着る妻は、亡くなった夫に対して「一生夫はあなただけです」と宣言しているようなものです。
要するに、今で言う「再婚はしません。あなたが私のたった一人の夫です」と、喪服で表現しているわけです。
ということは、男性の白い喪服姿にも、女性が白い喪服を着るのと同じ意味があったのかどうかはちょっと疑問ではありますが、この白い喪服、戦前は普通だったそうです。

よく考えてみれば、映画だけではなくドラマでも戦前を設定としたドラマでの葬儀の際、喪服は男女共に白が多かったように思います。白い喪服を着るくらい、夫婦がお互いを死んでも愛し続けられたら素敵だと思います。

Copyright 2017 映画・ドラマでみたことある素敵な喪服 All Rights Reserved.