映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画やドラマで素敵な喪服を見かけると

映画やドラマで素敵な喪服を見かけると、ついつい欲しくなってしまいます。
両親が亡くなったので、親の代わりに葬式に参列することがかなり増え、喪服はたくさん必要になります。基本、喪服というものは肌を極力見せないのが決まりごとのようです。
だから、映画で見た黒いベールのついた帽子をかぶり、手も手袋で肌を隠すといった徹底ぶりには、脱帽です。
ベールのついた帽子と黒い手袋に、真っ黒な漆色をした高級そうな素敵な喪服が欲しいと思うのです。

日本の葬式では、家族は着物を着ることが多いです。
その際、黒い着物の善し悪しが着物の黒色で分かるのです。
黒い着物にしろ、黒いフォーマルウェアにしろ、くすんだ黒の場合は特に染料が安っぽいようです。
色褪せた黒の喪服は、やはり安っぽくて逆に目立ちます。
葬儀の時って、見るものが無いので焼香をしている人の喪服を見るわけです。
真っ黒な漆色の喪服は仕立ても良さそうに見えるし、高級フォーマルウェアに見えます。映画で見た黒いベール付きの帽子と黒い手袋を喪服にして、真似してみたいと思っています。

Copyright 2017 映画・ドラマでみたことある素敵な喪服 All Rights Reserved.