映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

喪服を着る機会はあまり多くないけれども

喪服を着る機会はあまり多くないけれども、映画やテレビドラマでは、喪服の登場するシーンが結構多い。
日本の作品で言えば、やはり和服の場合が圧倒的に多い。和服の喪服というのは、その情景の中に溶け込んでいて、特別に喪服だということを感じさせない魅力があるからだと思う。この場合、女性の喪服についていうのであるが、どんなふるまいをしようとも、喪服の存在感が場を和らげてくれるのがいい。黒は色が比べられるので、より色の綺麗なものを求めるからであろうか、黒の輝きがとても綺麗である。
また、時に、洋装の喪服のシーンも見ることがあるが、やはりデザインの素敵なものが印象に残る。普段は着ないデザイナーズブランドのものも、喪服のシーンに映えて綺麗だった。
韓国ドラマでは、家族が白い喪服を着るのを時々見掛ける。白という色はこういう時、悲しみをひどく感じさせるもののようだ。結婚式の時はそういう風には感じないのに、葬式のシーンでは悲しみの深さを感じさせてくれるから不思議であり、その神秘さが魅力的である。

Copyright 2017 映画・ドラマでみたことある素敵な喪服 All Rights Reserved.