映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマで見たことがある素敵な喪服は、中国の黒い喪服です

映画・ドラマで見たことがある素敵な喪服は、中国の黒い喪服です。
国民服かもしれませんが、黒いチャイニーズドレスという感じです。
そのため、中国系の映画やドラマの葬儀シーンに良く出てきます。r\\n最近では、主演ドニー・イェン「イップ・マン葉問」(2010年香港)でも見ました。
何故、私がチャイニーズの黒い喪服に憧れているかというと、とても神聖な感じがして、それが人の死を厳粛に受け止める感じがするからです。
日本の昔の学ランのように、首元までぎゅっと閉めたチャイニーズドレスは、上から下までストレートな黒のデザインで固めて、故人の死を厳粛に受け止めている感じがします。
一方で、現代人のブレザーは、その形がビジネスの仕事着からきています。そのため、仕事には良いのですが、例えば男性の服でも胸が開いているために、その内側の白いワイシャツやネクタイが出て、形がどこか華やかです。
好みの問題かもしれませんが、ブレザーの喪服は西洋風に葬儀を形として終わらせて、リラックスした感じとよく合います。
反対に、映画やドラマで見たシーンの中国の喪服は、心の中まで喪に服しているという東洋の感じがしました。

Copyright 2017 映画・ドラマでみたことある素敵な喪服 All Rights Reserved.