映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画・ドラマでみたことある素敵な喪服

映画を見て素敵な職業だと印象が変わったのが

映画を見て素敵な職業だと印象が変わったのが、映画『おくりびと』の納棺師です。
納棺師の仕事は大変ですが必要な職業だと感じました。

映画の中では、もっとましな職業に就けと言われたり、妻から反対をされたりしていましたが、徐々に仕事を覚えて、周りの人からも認められる仕事となっていきました。
映画は、全体を通してとても美しいという印象を受けました。
俳優の本木さんや広末さんの着る喪服は素敵で、葬儀に関わる暗い雰囲気の中でも、素敵な見映えとなり、出演者全体にしてもとても素敵な方々だという印象を受けました。

女性の着る喪服は素敵に見えてしまい、特に広末さんの喪服姿は印象的です。
『おくりびと』という映画はユーモアもあり、感動的な場面もあり、とても面白い映画でした。
もっと暗くて堅苦しい雰囲気の映画だと思っていましたが、出演者が素晴らしくて内容に引き込まれました。
納棺師という仕事は誰かがやるべきことであり、とても誇りとなる仕事だと感じました。

Copyright 2017 映画・ドラマでみたことある素敵な喪服 All Rights Reserved.